大きな傷はそのままで車買取へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大きな傷はそのままで車買取へ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
大きな傷はそのままで車買取へ車買取GoAhead

自動車は長年乗っていると、走行中に小石を跳ね上げて小さな傷ができたり、洗車した時にボディーに細かい傷が付いたりして、少しずつですが小さい傷が増えてくるものです。自動車を売却しようと考えている方は、このようにできた小さな傷をなるべく自分で補修して車買取の査定に臨んでみてください。

実は小さな傷を補修することは車買取の査定ポイントとなります。査定する前に自動車をきれいに洗って、その後ボディーを全体的によくチェックしてみてください。特に地面に近い場所やブレーキランプ付近などは重点的にチェックして、傷を見つけたら補修していきましょう。細かい傷を補修しておくとプラス査定となります。

ただし、自分では補修することが難しい大きなへこみや大きくて深い傷などは、自動車を売却するタイミングのシビアさを考えて、そのままの状態で車買取の査定に臨みましょう。傷やへこみが大きいと、修理するのにお金と時間がかかるため最高のタイミングでの売却を逃してしまう可能性があるのです。

コメントを残す